広島原爆記念日によせて

今年も広島、長崎の原爆投下の日に、小さな地図にも載っていなかった秘密の場所で
平和の集いが行われます。

2011年の予定:http://tnlife.exblog.jp/16007271/

以下は2008年8月6日、ノックビル新聞に掲載されたも和訳です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

原爆に使用可能な世界最大レベルの濃縮ウランを今でも製造しているY12国家安全複合施設。原爆支持者の度重なる妨害にさらされつつも、OREPAのメンバーは色鮮やかな折鶴をそのY12工場のフェンスにかけて抗議活動を行っている。

ノックスビル在住のエリック・エバーズは、Y12工場に対する抗議活動を7年間続けている。
「核兵器が存在する限り、それを保持しようとする国はなくならない」
核戦争の脅威を示したポスターを広げながら、彼は語る。

その一方で、Y12工場の出入り口には、数百名に上る太平洋戦争の退役軍人の署名がされ、
「原爆が私の命を救った」と書かれた垂れ幕を掲げる人がいるのも事実である。
「ヒロシマの日の記憶」と名づけられたイベントで、ミシガンからオークリッジまで行進したOREPAメンバーの
一人であるヨセフ・バラカットは言う。「人々の中には、"神は戦争を愛しているのだ"と語る者すらいる。全く、
狂っているとしか思えない。私が知っているのは愛と平和に満ちた神だけであって、戦争は絶対に許されない」
バラカットは以前、彼の核兵器反対の立場によって逮捕され、投獄された経験がある。しかし、今後も
戦争反対・平和希求の立場を貫くために原爆が製造されたオークリッジの街を訪れるつもりだと言う。

OREPA代表のハッチンソンによれば、OREPAはY12工場の前での抗議活動を既に20年以上続けている。
今年のイベントはノックスビルのチェロキー公園の西側のエリアで4日間に渡って開催され、
仏教僧および尼僧を呼んで、朝の8時15分から灯篭流しが行われる予定だ。

------------------------------------------------------
原文:2008年8月6日 Protest marks 63rd anniversary of Hiroshima atomic bomb
http://www.knoxnews.com/news/2008/aug/06/protest-marks-63rd-anniversary-hiroshima-atomic-bo/

[PR]
by maryville | 2011-07-26 13:06 | イベント
<< 広島、長崎・原爆の日の平和の集い 日本人による日本食スーパーOPEN >>